初中山!初レース!

さとC

さとC

今回はターボ化した180SXのデビューレースの時の記事です。

■DATA
会期:2018年10月9日
場所:中山サーキット(岡山県)
予選:マイスターカップ1位
決勝:マイスターカップ1位
カーナンバー 64

事の発端

なんか詳細はうろ覚えですが、行くことになったきっかけは、

某SNSで友達が他県の走り屋の方と『どっちが速い』みたいな話になって、じゃあ決着つけようやんけ!ってなって、

中山サーキットで開催されている『マジョリカタバサ青春グラフティーズ』に参加することになったのが発端だった気がします。

その時点までは完全にギャラリー決め込むつもりだったので、『完全に他人事』でした。

それでも割と話が大きくなって、他の友達も何人も見に行くってなってたので、

俺も行く~

みたいなユルいノリで行きました。

初中山サーキット

当日、実は初めましてなサーキットでした。

個人的に、(コースが)ヤバい噂しか聞かないサーキットだったのでなるべく避けてきたコースでした。

ですが、今回はギャラリー。

気楽なもんです。

入場ゲートで1000円を払って入場。

クルマを進めます。

コースらしきものがありますが、入口が分かりません。

この時完全に大泉さんと同じ顔になっていた吉田 郷史さん(22)

コース付近でウロウロしていると、後から来た友達に、

友「何してんの?それカートコースやで」

僕「へ?」

友「四輪は入口あっち」

↓四輪用入口


出典:©️スタジオジブリ 千と千尋の神隠し

僕「いや、これ初見で分かるやつおらんやろ」

文句を言いながらほら穴みたいなトンネルをくぐってピットへ。

中に入ると、独特の雰囲気でした。

山に囲まれたアップダウンの激しいコース、そびえ立つコンクリートウォール、コースを見下ろすスタンド席、、、

第一印象は古代ローマの闘技場、コロッセオに似てるなってちょっと思いました。

そんなコロッセオに主役のお二人が到着。

受付に向かうお二人。

それを見送る僕。

友「え?さとC走らんの?

僕「いや、今日はギャラリーで…」

友「ないわー。それはないわー。

僕「クルマもできたてでよう分かってないし、タイヤもウンk…」

友「走る為にターボにしたんちゃうん??

僕「仰る通りです…」

なんか上手いこと言いくるめられて、気付いたら主役のお二人と一緒にブリーフィングを受けていました。

予選

初走行です。

とりあえず様子を見ながら走ることにしました。

カチカチ1部山とは言え、履いているのは天下のA050 Mコン。

腐っても鯛。腐ってもSタイヤ。

それなりに食ってくれるハズ…

と、淡い期待をよそに滑りまくるA050。

僕「やっぱアカンやんwww」

タイヤも食わないですが、それ以上に路面が食いません。

コースの第一印象は「すり鉢」です。

グランツーリスモでしか走ったことはないですが、ニュルブルクリンク ノルドシュライフェのコーナー『カルッセル』を連想させるような路面。

それにエスケープゾーンが無く、コンクリートウォールむき出しのコースレイアウト。

それより何より、NA時代の超ローパワーに慣れきった僕からすると異次元のパワーを発揮するターボ仕様の180SX。

悪条件が重なり、クルマが暴れまくります。

そして一番びっくりしたのは振動が激し過ぎて、左のサイドミラーのミラー部が剥がれて落ちたことです。

劣化もあったとは思いますが、中山さんの路面にトドメを刺されたのは確実。恐るべし中山サーキット。

そんな満身創痍の状態で、渾身のアタックをかけてベストは『1’06.816』

ちなみにこの約半年後、同じクルマで約3秒タイムを縮めることに成功します。タイヤももちろん違いますが、乗り方もだいぶ変わってるので、比べると結構面白いです。

決勝

なんと予選1位でポールポジション。

決勝の様子はこちらからどうぞ↓

まだ10月で気温も高く、終盤はタイヤのタレと水温との戦いでしたが、両方に配慮しながら、後ろのS2000から逃げる展開でした。

NA時代から考えると、ヤムチャとフリーザ最終形態くらいの差は軽くあり、暴れるクルマをコントロールするのも最初は戸惑いましたが、レース終盤では慣れ、クルマを労る走りをしながら逃げるくらいの余裕はありました。

ローパワー時代に磨いたドラテクがそのまま応用できたので、やはりローパワーなクルマで練習しておくのはとても有効だと感じました。

なんとトップでチェッカー!

ごつ盛りをケースで頂いて喜ぶ独身男性(22)←マジで嬉しい

中山の洗練を受けつつ、一歩前進できたレースだったように思います。

SR20を積んだクルマ左 と SW20右

この時はまだ自分が最速戦に出るなんて思ってもいませんでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。